デュラララチャット(仮)掲示板


デュラチャ(仮)の掲示板です。雑談、イラスト、小説投稿、待ち合わせ、悩み相談等に利用してください。暴言や煽り等の攻撃的な書き込み、晒しあげ行為、他者を不快にさせる行為、著作権を侵害する画像の掲載、その他デュラチャの利用規約に違反する行為は禁止です。違反行為を見つけた場合はお問い合わせフォームから削除依頼をお願いします。



皆は睡眠中にどんな夢見てる? はるまき 2018/05/16(水) 02:10 [ 返信 ] No.190467
□夢の話をただ聞きたくてスレッド作成しました。どんな話が聞けるかわくわくしながら気長にお待ちしております。

□不思議な夢の話・印象強い夢の話・ストーリー性ある夢の話。語る場合、タイトルみたいなのを【】の中に入れてください。感想などのコメと混じっても見やすくなる様に工夫していただけたら助かります。ご協力お願いします。

□誹謗中傷・荒しはお止めください。
 マナーを守ってください。

□部屋作成ご自由にどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【夢一覧】
□川・・・Alcaliさん
□毒キノコ・・・名無しさん
□マッチ売りの少女・・・匿名♪さん
□ム川(仮名)・・・ななし16番さん
□架空人物出没しまくるカオス・・・はるまき
□白いお部屋・・・G.Fさん
□曖昧な輪郭の・・・名無しさん
□夢かうつつか・・・ごゆるりとさん

Alcali 2018/05/16(水) 03:05 [ 返信 ] No.190468
【川】

気付くと私は、先の見えない川の中に立っていた。
何処か見覚えのあるような、ないような…ああ、そうだ。これは私が住んでいる町の川に似ているんだと、少しして気付く。
一面に広がる川面の両端には緑色の藻が浮き、見た事のない草花が咲き誇っていた。川の水はやけに綺麗に透き通っていたが、遠くの方は草花や藻の所為か確認する事は出来ない。言い忘れていたが水の水量は川と言い表して良いのか分からない程にかなり浅く、160cmにも満たない私の膝よりも下の水位しかない。だが視界の先に堤防と表して良い無機質な物体もあり、夢の中の自分が川だと思ったのだから川で良いのだろう。
そんな川とも分からない水の中を私は黙々と目的も分からずに歩いていた。
どれくらい歩いたのだろう、ふと、隣に誰かが歩いていた。確かに最初は一人だった筈なのだがその誰かと自分は楽しく会話をしている。一体誰かと思えばそれは遠くに住んでいる親友だった。現実では久しく会っていないが、夢の中では毎日会っていた頃のように楽しく他愛のない話で無邪気に笑いあっていた。
暫く、親友と私の二人で延々と景色の変わらない川を歩いた先、突然どこからか私の名を呼ぶ声が聞こえた。
「○○〜!こっち来いよ〜!」
と、男の声とまでは分かるが如何せん、かなり前のこと故に誰だか最早覚えていない。
兎に角名を呼ばれた私は反射的に声の主を探すべく辺りを見渡した。すると、遠い川岸の方に黒い影が此方に向かって手を振っていた。確かここで私は親友に小声で「あ、○○さんだ」と呟いた。
あんなに遠くに居るのに良く声が届くなと感想を抱くも夢なのだから何でもありなのだ。そんな黒い影に私は手を振り返せば、影は何やら手招きをし始めた。私は迷うことなくその方へと歩みを進めた瞬間、突然親友が「本当にそっちで良いの?」と、今まで笑いあっていたのが嘘だと感じるまでのやけに真剣な声音で問うてきた。その瞬間私はピタリと動きを止め親友の方へと振り返った。
言葉が出ない。
親友の問い掛けに答えねばならないのに咄嗟に答えがでない。
そのまま数秒、親友の方を見つめるとじわりと視界が滲み世界が束の間で歪む。
そして私は親友の問いに答えるべく口を開いた瞬間、突然視界が変わった。
否、見慣れた天井がそこに映っていた。

_そう、そこで目が覚めたのである。



ーーーーーーーー
かなり前に見た夢なのですが、今もかなり印象強く残っていた夢でした。読み難く意味が分からないばかりだと思いますがお邪魔させて頂きましたっ。


※見ていた夢を文章に書き起こすのは現実と夢の境目があやふやになり、精神が云々と耳にした事があるので一応そういう事もあるのでそうなるのが怖い方は…ごにょごにょ…(小声)

はるまき 2018/05/16(水) 06:39 [ 返信 ] No.190469
>>>Alcaliさん
背景や話の進行が分かりやすく、読み終えて私その話が好きになりました。続きが気になるくらい好奇心が湧く様な話。ありがとうございます。
もしその黒い影〇さんの元に行ったら何があるというのしょうか?友の意味深い発言の意味があらゆる可能性を考えさせられます。意味が知れたならなあ。。。凄く気になる。
そうなんです・・・?夢日記付けるくらい夢の話が好きなので私は止められそうにはないですねえ。。。(小声)

名無し 2018/05/16(水) 10:47 [ 返信 ] No.190481
よく知ってる人が狂う夢を見て怖かったので書き込みます。


【毒キノコ】

母親から、父親がマジックマッシュルームをやってることを告げられる。
日頃理性的で生真面目だと思っていた父親が麻薬に手を染めていたと知り、大きな衝撃を受ける。
父親がなかなか眠らないので、母親が「この時間に寝ないってことは、午前2時ごろにパニックを起こす。寝たいのにな」とぼやいている。

匿名♪ 2018/05/16(水) 11:18 [ 返信 ] No.190483
【マッチ売りの少女】
話すと長くなるので、詳細な内容はお話しできません。
ただ、幼いころに見た夢で、今でも深く印象に残っています。
寝る前にディズニーのDVDを見終わり、特典映像のマッチ売りの少女を最後に見て眠ったその日に見ました。
暗い青や灰色を中心とした冷たい世界の中、私がマッチを売る。
最終的には凍死してしまいました(-_-;)
簡単に言えば、マッチ売りの少女のストーリーを、私が体験したという感じです。

皆さん不思議な夢を見てるんですね…!良ければ、スレ主さんの夢の話を聞いてみたいです。時間があったら、皆さんの夢を夢占いしてみようかな…。

ななし16番 2018/05/16(水) 16:01 [ 返信 ] No.190498
あ〜〜ッわたしも夢見るの好きです、、、いいスレ、、、

【ム川(仮名)】

わたしは地元とか家の周りの風景がちょっと変わって出てくる感じの夢をたまに見ます。
夢の内容はさまざまで、家の前の小川がすごく大きくなっていてそこにトラックが突っ込んでいたり、近所の人がクラスの子とか全然知らない人になってたり、祖母の家が立派なお寺になっていたり…
ある程度面影が残っていたり、全く別の物になっていたりするのですが、どんな夢でも地元の夢だったら不思議なことにすぐに分かります。
その夢を見たあとはすごくわくわくして、授業中にもそことを考えたりすることが多いです。
私は絵を描くのが趣味なので、この夢で見た風景を描きたい!と思い夢の内容を書き留めたりするのですが、とても自分の画力では表現できないくらいわくわくするような魅力的な夢ばかりで、まだ一度も描けていません。いつか十分な画力を身につけて夢を描くのが私の夢のひとつです。

夢で見た地元には最初の文字を「ム」に変えて名前を付けています。題名の「ム川(仮名)」だったら、香川とか、吉川みたいな感じで…

夢の話って聞いてる側はあんまり面白くないことが多いし友達とかにもあまり話せないのでここで話せて楽しかったです。
これからもスレ見させていただきます!失礼しました( _ _)

はるまき 2018/05/16(水) 19:17 [ 返信 ] No.190512
>>>名無しさん
短い文である事から、描写する程嫌な、そうとう怖い思いをしたのでしょうか?
悪夢って見ている間は死ぬ程怖い思いをするけど、目が覚めてしばらくすると(なんであんな夢で怖がってたんだろ自分。)ってなりますよね。正夢には成り得ないただの夢。それでも心配で目がいく事が私にはあります。まあでも翌日になればその心配も嘘のようになくなりますけどね。
次の日には気が晴れて居る事を願います。

>>>匿名♪さん
私としては!!全然!!長い内容でも良いですよ!!短くても話が聞けるだけでありがたい!
物語の中の人物になって見る夢・・・?羨ましい。私、物語りの登場人物と関わる夢が多く、成り代わる夢って5本の指で数えられるくらい少ないんですよ。例え嫌な夢でもマッチ売り少女になって凍死する夢でも個人的に私、見たい夢ですねえ。明析夢しまくってどうなるか試したい。
期待する程のご要望に答えられる話かは自信がないですが、まだ誰にも話してない、・・・そうだなあ・・・匿名さんの話した夢に似てる系統の話でも一つしましょうかね。ただ明析夢しまくって夢占いの意味がほとんどないので、私は良いかなあ?答え合わせに聞きたい“猫股の夢”と“龍の夢”もありますが、まあ語る気力が溜まったら何時か話しましょう。

>>>ななし16番さん
同士よ・・・このスレ作った甲斐があった様で何よりです・・・ええほんとに。
もうお前私かよ、って思うくらい同感。よく分からない感動を覚えました。読んでいて色んな見た夢を思い出した。夢ノートに書かねば。
ですよねですよね!夢って心が踊るくらい気になる事多いですよね!そういうの絶対に忘れない内に即書き上げて。どんハマりですよ。次はああしたらどうなるかな?って続きが気になったりして。一緒に部屋で詳しくその書き溜めた夢の話、長くても良いので是非聞きたいですねえ。良ければこのスレに何作品でも構いませんので語ってくださっても・・・良いのですよ? |д・)チラッ
「夢の話聞きたい!語って!」とお話を保存してる私が此処に居ます。誰も聞かなくても私は聞きたい。(私もそういう夢見れるかな)ってわくわくだってしてます。ど、どうでしょう?

はるまき 2018/05/16(水) 21:42 [ 返信 ] No.190520
【架空人物出没しまくるカオス】

気分はオリジナルスパイダーマン。明晰夢の力で糸を手首から飛ばして掴み、街中を飛び回る所から夢は始まった。即(夢だ)と気付けたのはコレが初めてだった。
左斜め後ろから蜘蛛糸掴んで飛んでいるスパイダーマン(戦闘服)と空中で合流。着々した窓をくぐり床に足を着けてから、私の部屋である事に気付いた。スパイダー、何故お前も居る?付いてきたの?え?ってなりましたが、以前に夢で出てきたスパイダーマンもそういう奴だから特に気には止めませんでした。現在進行形で夢の中のスパイダーマンはどこまでいってもまだそういうスパイダーマンです。リアクション芸人かってくらいからかうと反応が面白いので好きですが、私と話す時は喋り倒す事はありません。デッドプールとは五月蠅いくらいペラペラなのに。
そこへ親が半開きのドアから部屋に入って来ました。何かを言ってたのは確かですが内容が思い出せません。「此処に居たの?」「姉が大変」みたいな感じだったのをふんわり覚えてる。当時の私は(姉?問題児だし大変なのは何時もでしょ)と、明晰夢で摩訶不思議な要素を求める私には興味が沸かず、「へぇ〜」と相槌して横を素通りしました。
家にいても神秘な出来事に出会えないのは知ってる。駆け足で家から飛び出した。よくやる窓から身投げして空飛ぶんじゃなく、ちゃんと玄関のドアから出て外出した。
でも可笑しいんだ。歩けば歩く程、背景が、周りの雰囲気が変わってく。まるで進めば進む程に世界線を跨いでる様な、異世界を感じた。足を止めて目の当たりにしたのは“千と千尋の神隠し世界”の室内。迷い込んでしまった様だった。私は心が踊った。沢山の人(?)がわたわたと忙しく行き交っている。遠くで階段を上がり橋を渡る千(千尋)を発見して、私ががむしゃらに走って追った。2つ角曲がられた辺りで見失った。(やっべ帰れない)と焦り3つの角曲がる前に、目の前を姉(問題児になる前のまだ好きだった小2の姿)が右から左へと部屋を渡る。こういう(なんで此処に?)パターンはそこそこある話。兎に角、(小2の)姉が千(千尋)みたいな目に合ってると思うと、千を追う好奇心での行動より(助けなきゃ)という(小2の姉を)失う心配が強く、私は姉を死ぬ気で追った。現在の問題児の姉の姿なら勿論無視してただろう。なんなら見殺しにしてた。幼い頃の姉は好きだ。良い子だから。でもこういうパターンって危険な目に合う確率が非常に高い。私はその経験から焦りが増した。
手当たり次第に姉が通ったかもしれない襖を開けていく。見失った。最悪だ。3回目で襖を開けると坂本龍馬とそれっぽい男が居た。「は?」である。初めて夢の中で坂本龍馬と出会った。こんなにも世界観が統一しない夢は久々。興奮が高まった。それどころじゃないんだけどね。
「よぉなんちゃあしたぜお?」
「姉を知らない?」
坂本龍馬とそれっぽい男が顔を見合わせた。少しの間を置き、坂本龍馬はにっこりと笑みを浮かべ私に言った。
「ワシらの仲間に入らんか?」
私は困惑した。
「・・・んー、・・・と。よく分からないです。」
「構わんき。」
「・・・じゃあ、・・・見学という形でよろしいですか。急いでるので。」
坂本龍馬は私から視線を外し口を尖らせた。ご不満の様である。坂本龍馬の横を通り過ぎて背にしてる襖を開け、出て行く際に私は言った。
「また会えますか。」
「・・・ああ、また会おう。」
暖かい笑みを作られた。もしかして此処が夢って気付いてる?そう思わせられる素振りに、足が重くなる。突き止めたい。だがあの姉を置いてけない。
私は言質を取るだけして、その場を後にした。
左の通路先が騒がしい。(まさか・・・?)嫌な予感がして私はそこを目指した。
(千と四つん這い顔無しみたいな感じで)姉とドデカい黒いホモォが居た。姉はじりじりと後退していた。黒い霧を纏う化け物ホモォ(後にお腐れ様と私が勝手に命名した)に姉が目を付けられている様だった。逃げる姉。追うお腐れ様。いよいよ吹き出しそうになるのを耐えながら真・剣・に・私は姉を追った。姉とお腐れ様の間になんとか滑り込む感じで、姉←私←お腐れ様という鬼ごっこが始まった。
逃げた先に鶴丸国永が蝋燭立てた円形の中心にある座布団に座って居た、未だに姉は私に気付かず襖を開けて次の部屋へと逃げて行って、おいおい待てよと円を避けずにすっ飛んで入ってしまった私に、円を囲む様にしていた外野(がいや)が立ち上がり「なぜその円に入れるんだ!?」と叫んでは驚いて居て。お鶴さんも目を皿のようにして驚いて居た。凄く気になる。止まって「どういう事?」と問い詰めたい。その一心をぐっと堪えて、止めた足を再び私は動かした。追っ手さえ居なきゃあなあ!!!と今でもあのお腐れ野郎が憎い。因みに私の夢の中で出てくる鶴丸国永は自分の命を捨てて助ける様な凄く可哀想で優しい恩人です。お礼もまだ言えてない。そんな時間はまだ巡ってこない。
広い食堂。券と交換にお盆を持って多くの人が席に座り賑やかな食事をしていた。私はそんな中を掛け走る。麺を啜りながら湯ばあば(ジブリ)がホモォに追いかけられてる私に指差して「プギャァ」しやがった。愉快なババアめ。
また可笑しな事が起きた。走れば走る程、背景、周囲がまた変わる変わる。足を止めた頃には現世に戻って居た。帰れた!自力で!と安堵。
しかし空模様は悪天候となった。黒い雲が現れ、お腐れ様が現世侵略を図るかの様に暴れ出した。姉に続き私も兎に角逃げた。家に無事たどり着き、親は「あら?何、どうしたの?」とスパイダーと一緒に会ったときの焦りはなく穏やかだった。姉が「大変なの!」と背後に迫るお腐れ様の事態を説明。そこでやっと親は「大変!」と焦りだした。
此処が過去であり、この後すぐにどっか走り出して見失う私を母が心配し、私の部屋を通り過ぎる時にスパイダーマンと窓から入ってくる冒頭で話した私と母は出会うのだと、ちょっとした時間のズレに気付いたのは目が覚めてメモり終わった後の話。
ブリーチ黒崎一護オリジナルみたいに姉が黒い着物と長い刃物を手にしていた。世界を守る!そんな感じにヒーロー顔になってる姉。ちょっと私は脱力感に襲われた。戦闘能力あったなら坂本龍馬や鶴丸国永と長居すれば良かった、と激しく後悔した。此処まで来たら姉の物語について回るしかない。私は姉のあとを追い続けた。お腐れ様も殺気立って迫ってくる。
そしたらまた千と千尋の神隠し世界に迷い込んでしまった。デジャヴ。こんだけ時間旅行してて身の破滅に姉の危機感を感じた私は姉を抱え、お腐れ様を引き連れ千と千尋の神隠し世界で走り続けた。もう走ってばっか。疲れはしない。死にはしない。だってコレ夢だから。明晰夢の力あれば重たい姉だって綿のように軽くなる。いけるいける。気持ちはリアル鬼ごっこの佐藤さん。追っ手をどうやって巻こうかと考えながら、扉を開けて映像ルームに入った。ホモォから逃げる恭一郎wという動画が映像に流れていた。興味なかったのでスルーして次の部屋へと駆け込む私。
いつの間にか現世に戻っていて私は足を止めた。坂本龍馬に出会い「どうする?」と聞かれた。姉を降ろし私に千尋の神隠し世界かブリーチ現世の世界側に着くかの選択肢叩き付けられた。状況を把握し過ぎてる坂本龍馬さん。あんた一体何者?そんな疑問を感じた。質問に返答しようと私は口を開く。
そしてーーー目が覚めした。

ーーーーーーーーー
体感、約3.4時間程度の夢。
ただ走って逃げてた訳じゃない。明晰夢の力でホウキやスパイダーマン糸や大砲打ちながら空飛んだりと、魔法乱舞してました。見失った姉を探すのに、姉だけの足跡を浮かばせて追跡したりりしましたが、この魔法は初めて使いました。
雑に書かれたメモを思い出しながら修正しましたが、頭が沸騰してきたので見直ししてません。誤字合っても目を瞑ってください。その内直します(たぶん)。

Alcali 2018/05/16(水) 23:13 [ 返信 ] No.190529
はるまき様>>
嬉しいお言葉有難う御座います。如何せん寝る間際に書いた為にかなりの誤字をしていてお恥ずかしい限りです…(こそっと直させて頂きました)
この夢を見た時期は今後の人生にかなり影響する決断に迫られていた時期で、本当に決められず死んだ方が楽なんじゃ、と思う程に追い詰められていた時に見た夢でした。なのでその心境がかなり影響されていた夢だったと思います。
話は変わりますが、かなり昔に聞いた話ですのであまり確証はありませんがそういった事を耳にしたので…。ですが私も誰かの夢を聞いたり見たりするのは楽しくて好きですし、夢はかなり覚えている方なので、誰か私と似た夢を見た方が居ないかなー、って感じでワクワクしながらこれからもちょくちょく覗かせてもらいます…!
…それにしても鶴丸国永さんが出るなんて素敵なゆm…ゲフンゲフン…長文失礼致しました!

G.F 2018/05/17(木) 06:50 [ 返信 ] No.190541
【白いお部屋】


鮮明に覚えているのがまた怖い。

その日は災難が続いた。
忘れ物はするし、怒られるし、怪我もした。
大分精神が参っていたのかもしれない。
ヘロヘロになりながらようやくの事で辿り着いた自宅。空を見上げたら、確かに黒が染め上げていた。
その後は軽く固形物を体内に入れて。
シャワーを浴びてから、
明日に備えて泥のように眠った。
ここから夢の話。
気付いたら真っ白で何もない空間にいた。
窓も、扉も、他の色も、影で出来る黒色さえも。
何もない真っ白。
その中の真ん中にぽつんと座っていた。
音も聞こえない。無音で真っ白な世界。
そしたら何故か、泣きたくなった。どうしてか涙が溢れてとまらなかった。
声を上げずに、嗚咽を上げずに、ただ、静かに。まるでその部屋が音を嫌っているのでは、そう思うくらいに自分も音が出せなくて。静かに涙が伝うのを見てた。
そしたら、突然できた真っ白な扉。
そこから誰かが入ってくる。

目が覚めた。
何故が頬は濡れていて。手を目にやると涙が零れた。鮮明に憶えてる夢に何故か、どうしようもない哀しさを感じた。

ーーーー
長くなりました、伝わりますかね…?
この夢だけは鮮明に覚えているんです。
いやぁ、人の精神は興味深い(言い訳)

名無し 2018/05/17(木) 10:54 [ 返信 ] No.190542
はるまきさん>>
短文だったこと、ご指摘で気が付きました。
良い夢だと、忘れたくないあまり言葉を尽くして記録しようとすることを考えると、先日見た夢は自分が思っているよりも心に負荷のかかる夢だったのかもしれませんね……
寝起きのえもいわれぬ疲労感をレッドブルで飲み下した次第です。


さて、最近なにかいい夢見たかしら、とふと思い出したものを記します。ポエジー。


【曖昧な輪郭の】

晴天の学校の屋上にて、わたしと、憧れの先生と。

先生は学校の先生をする傍ら、文筆家としても活動している。
わたしは先生の著作を濫読し、その筆致に懸想していた。

どんな人が書いているんだろう。
きっと聡明な人に違いない。
ダンディで、瀟洒で、すこし浮世離れしたところがあって。

先生が綴る文章に、恋をしていた。

同じ学校の先生なのに、会えない。
まるで逃げ水のような先生。
そんな先生に、はじめて出会った。

「お名前をおしえてくださいませんか」

著者紹介の頁で何度も何度も目にした名前を思い出せない。

「山田太郎」

先生の発した言葉が上滑りしている。
まるで意味をなさないことばが、
着地点を見つけられずにふわふわと宙に浮いている。

(違う)

(あなたはそんな名前じゃない)

名前を思い出せない。
ここで名前を思い出せなかったら、先生はまた私の手からすり抜けてどこかへ行っていまう。

記憶の回路がチリリと焼き切れる音がする。

山田太郎は雲の上を歩くみたいな足取りで、
貯水タンクの向こうへと消えていった。

はるまき 2018/05/18(金) 01:02 [ 返信 ] No.190606
>>>Alcaliさん
とうらぶは人生初の地雷スキップで一番地雷が濃く染み付いてしまってるので、不意を突いてお鶴さん出る時に出た感じです。今までで2回しか関わってないのですがその2回ともお鶴さんは不幸者で、次救えれば良いのですが、完全回復した今じゃもう同じ場面に出会うのは難しい気がします。

>>>G.Fさん
疲労お察し致します。お疲れさまです。私的には話を読んでいてとても描写しやすく読みやすいまとまりが出来ていて良かったと思いますよ。部屋に入ってきた人が誰だったのか、読み手の私でも凄く気になりました。
白い空間なら虚無が極まってる時に極たまーに私も見ます。どれも短時間で終わる夢ですので、3日も経つとすっかり頭から消えてますが、思い出せば今でもはっきり覚えてる。知ってる様で知らない人に出会う事が多々あり、じゃなかったら1人突っ立って終わる夢。不思議なのは、何故かその白い空間に居ると思考停止状態が続き動こうとか声を出そうとか全く思わず、ただ空間を眺めるだけなんです。虚無ってますから当然ですけどね。

>>>名無しさん
またお話が聞ける事が出来て嬉しいです。ありがとうございます。前話との巧みな文章の違いに驚きました。
夢に出てくる人物に質問してもまともに返って来た試しがあんまりないです。どの返答もふんわりしてる事が私にはあります。一時期夢の中に出てくる人物に「これ夢なんだよ。知ってた?」と聞いたり「名前を教えて」と自己紹介をしていましたが、決まって誰もが満員一致で「なに言ってるの?」と鼻で笑うか「え、急になに?」と僅かな動揺をされドン引かれます。聞かされた名前も今この場で考えたかの様な嘘にしか思えなくなってから数回で止めました。やはり夢は夢なんだな、と。

ごゆるりと 2018/05/18(金) 12:58 [ 返信 ] No.190623
【夢かうつつか】

私は幼い頃から、まどろんでいる時に不思議な感覚に襲われます。
簡単に言うと自分が巨大化する感覚なのですが、この感覚は夢なのか曖昧です。20分くらいの間でしょうか、ある程度巨大化した感覚のあと必ず疲れて寝落ちします。

ここからは夢の中だと思います。
私は決まって何か小さいものを必死につまんで取ろうとします。
ただ、その小さいものは下手をすれば指先で潰してしまうので、私は細心の注意を払います。毎回苦戦しつつもつまみ上げることに成功しますが、大体そこでこの夢は終わってしまいます。
この小さいものが一体何なのか…小さいものの部分にだけ白い靄か、荒いモザイクのようなものがかかっていて正体は未だ不明です。
指先の感覚的には何かすこし固くて、小さいものです。そして絶対に潰してはいけないもののような気がします。(ちなみに直近でこの感覚がきたのは二年前くらいです。)


落ちも何も無くて申し訳ないのですが以上です。
(感覚の正体が夢かはわからないので、スレ違いでしたらごめんなさい…)

はるまき 2018/05/18(金) 19:39 [ 返信 ] No.190644
>>>ごゆるりとさん
まるで不思議の国のアリス症候群ですね。ググッて頂ければ分かるかと思います。自分や周囲の物が巨大化あるいは極小化したりするのが特徴的な症状なんです。
ご病気ではなく夢である事を願い、夢扱いとして夢一覧に加えさせて頂きますね。個人的に、不思議の国のアリスという物語が好きという理由もありますが^^;

ヒンナ 2018/05/18(金) 22:55 [ 返信 ] No.190680
自分のは最近覚えてないので、きょうだいが見た夢を。

【蛇VS熊】

雪山吹雪の中に自分がいて
小屋に逃げ込んだら、大蛇がいたけど寝てた
小熊と親熊がいっしょにとびこんできて、
こぐまにかじられたけどあまりいたくなかった

仲間が親熊に襲われてて、やべえと思った
危ないと思ったから大蛇けしかした
そしたら、なんやかんやで大蛇が勝った
腕を小熊にかじられながら、こいつどうしようかなと考えてるうちに、大蛇はもとの場所に戻った

そこで目が覚めたそう。


  



無料レンタル掲示板 1616BBS